【青汁の口コミ決定版】本音100%!青汁のおすすめ比較ランキング!

ついに青汁の口コミ200突破!本音トークで徹底的に青汁を比較ランキング、「これぞ本物!」おすすめ青汁が決定しました。

がん罹患率の低い県は、野菜の摂取量が多い!!だから私も青汁を飲む!

Image00010

日本人の死亡原因の1位は「がん(悪性新生物)」です。

1980年頃までは脳血管疾患が1位でしたが、それ以降はがんのトップが続いています。

がんは免疫力が落ちる高齢者ほど罹りやすい病気ですので、少子高齢化が進めばがんになる人が増え、

がんになる人が増えれば当然がんで死亡する人も増えるというわけです。

諸外国の死亡原因に占めるがんの割合を見てみると、アメリカ22.8%、イギリス27.0%、イタリア27.0%、フランス28.2%、ドイツ25.7%となっています。日本29.5%というのは突出して多いというほどではありません。

政府はがん死亡者を減らすために、健康診断や検診を推奨しているのですが、

高齢化が進み長生きする人が増えれば、がんの発症数や死亡者数は確実に増えますので、あまり躍起になって、

がん患者を減らす為の政策を打ち出す必要はないように思います。

がんを予防するために食生活や生活習慣を改善するのは良いと思いますが、

あまり神経質になり過ぎないようにしたいですね。

がんを防ぐ12ヶ条

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターがまとめた「がんを防ぐための新12か条」

1.たばこは吸わない
2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから
「鹿児島もそうですが、がん罹患率の低い県は、野菜の摂取量が比較的多いですね。食生活以外にも、がん予防で重要なのは生活習慣です。入浴をしっかりして37度前後の体温を保つことは、がんを寄せ付けない秘訣です。そういう意味では“温泉王国”である鹿児島県は、がんになりにくい環境だといえるでしょう」

私は・・・

食事でなるべく野菜を取るようにはしていますが野菜不足を感じます・・・

その時に出会ったのが青汁。

数多くある青汁の飲み比べをして、その中でもとても良いと思ったのが『ちょらの青汁』!!

ちょらの青汁は粉末なので料理などにも使えますよ➡青汁レシピ

手軽に簡単に美味しくをモットーに我が家の最近はやりがこの『ちょらの青汁珈琲』

簡単で飲みやすく、忙しい朝にもGOODです!(^^)!

【青汁レシピ】甘いスティックコーヒーに青汁!?驚きの栄養倍増レシピ新発見!

青汁レシピ

朝食にぴったり!青汁×バナナのスムージー完成

ホッと落ち着く青汁レシピ!ぽっかぽかの青汁ミルクいただきます

他の青汁レシピ一覧はこちら

 - みんなが気になる健康・美容, 青汁の最新ニュース